【詳報】世界のリーダー集った「外交ウィーク」米中、日中首脳会談も

有料記事

[PR]

 東南アジアに世界の指導者らが集う「外交ウィーク」では、対立が深まっていた米国のバイデン大統領と中国の習近平国家主席が初の対面会合を行うなど、活発な動きがありました。また、3年ぶりの日中首脳会談も開かれ、東アジアの安全保障にも注目が集まりました。リーダーたちの外交の駆け引きを詳報しています。

〔タイムスタンプは日本時間、括弧内は現地時間)

■■11月17日■■

21:22(バンコク19:22)

日中首脳会談が終わる

 タイのバンコクで開かれていた岸田文雄首相と中国の習近平(シーチンピン)国家主席の日中首脳会談が終了した。会談時間は40分間弱だった。

20:46(バンコク18:46)

日中首脳会談が始まる

 岸田文雄首相と中国の習近平(シーチンピン)国家主席の会談が、タイの首都バンコクで始まった。両氏による対面での会談は初めて。中国による海洋進出や台湾問題ウクライナ情勢、北朝鮮の核・ミサイル問題などを議論するとみられる。

 両氏はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加するためにバンコクを訪れている。会談には林芳正外相、王毅(ワンイー)国務委員兼外相も同席する。

 日中首脳会談は2019年12月、当時の安倍晋三首相が習氏と会談して以来3年ぶり。

20:00(バンコク18:00)

岸田首相、タイ、チリとの首脳会談終え日中会談へ

 岸田文雄首相は、訪問中のタイの首都バンコクで、日タイ首脳会談、日チリ首脳会談をそれぞれ終えた。 日本時間午後8時半からは、中国の習近平(シーチンピン)国家主席との首脳会談も予定している。

15:00(バンコク13:00)

岸田首相もバンコク到着、各首脳会談へ

 岸田文雄首相はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加するため、タイの首都バンコクに到着した。

 タイ、チリとの首脳会談をしたあと、中国の習近平(シーチンピン)国家主席との首脳会談も予定している。

14:15(バンコク12:15)

中国・習近平国家主席がバンコク到着

 中国の習近平国家主席がバンコクに到着したと、国営中央テレビ(CCTV)が報じた。G20が開かれたインドネシア・バリ島ではバイデン米大統領、フランスのマクロン大統領など10以上の二国間会談をこなした。17日は岸田文雄首相との日中首脳会談が組まれている。

■■11月16日■■

19:20(バリ島18:20)

英印首脳会談 スナク英首相は初のインド系

 インド外務省は16日、G20サミットが開かれたバリ島で、モディ首相と英国のスナク首相が会談したと発表した。スナク氏はインド系初の英首相として10月に就任。両氏の会談も初めてとなる。

 同省によると、両首脳は「貿易や安全保障などの重要な分野について協議した」という。

 モディ氏は、スナク氏の首相就任前、ツイッターに「歴史的なつながりを現代のパートナーシップに変革する際、架け橋となることを願っている」と投稿。インド国内からも、インド系の首相の就任を歓迎する声があがっていた。

18:50(バリ島17:50)

マクロン仏大統領 「85発のミサイルがウクライナを攻撃」

 G20サミットが閉幕したバ…

この記事は有料記事です。残り16261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント