切なさも虚無感も未来も、変幻自在に 米津玄師はかぶき続ける

有料記事

甲南女子大教授・米澤泉
[PR]

 今月も音楽旬評。秋晴れの某日、米津玄師さんのライブに「参戦」してみた。開場の何時間も前から、会場周辺の物販やガチャや撮影スポットに並ぶ人・人・人。多くは10代、20代の若者だが、ちらほらと年配の方も見かける。男女比は半々か。マンモス大学の昼休みを彷彿(ほうふつ)とさせる光景だ。

 やがて開場となり、検温に消毒、電子チケットをかざしての本人確認を経てようやく入場。昨今はライブという祝祭空間でさえも、現実からは逃れられない。

 ステージに米津さんが現れライブが始まった。「Lemon」「パプリカ」といった国民的ヒット曲から、アニメや映画の主題歌、古典落語を題材にした「死神」まで。恋する女性の切ない気持ちも、若者の不安や焦燥も、巷間(こうかん)に漂う閉塞(へいそく)感や虚無感も、千年後の未来も。米津さんの手にかかれば、音楽にできないものはないみたいだ。

 しっとりしたバラードから疾…

この記事は有料記事です。残り520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント