中国映画週間、大阪で初めて開催 開幕式に滝田洋二郎監督ら

丘文奈
[PR]

 映画を通じた日中の交流イベント「2022大阪・中国映画週間」が11日、大阪市北区のTOHOシネマズ梅田で始まった。17日まで最新の中国映画8作品が上映される。

 開幕式で、薛剣・駐大阪中国総領事は、今年は日中国交正常化から50年を迎えたことに触れ、「これまで、映画は中日間の友好交流においてかけがえのない役割を果たした」とあいさつ。滝田洋二郎監督がゲストとして登場し、中国で映画を制作した時の思い出について話した。

 イベントは2006年に始まり、今年で17回目。中国内でも「日本映画週間」が開かれてきた。日本の開催地はこれまで東京、長崎、沖縄だったが、今回は国交正常化50年を記念して、大阪でも開催が実現した。

 8作品は、三谷幸喜監督の「ザ・マジックアワー」をリメイクした「トゥ・クール・トゥ・キル」や、中国で興行収入約600億円のヒットを記録したSFコメディー「月で始まるソロライフ」など。問い合わせは駐大阪中国総領事館(06・6445・9481)。(丘文奈)