第4回プロフェッショナルじゃない生き方 M-1芸人半数がアマという真実

有料記事

土井恵里奈
[PR]

 好きなことを仕事にしなくても、楽しく生きられる。やりたい気持ちがあれば――。

 日本一の漫才師を目指す大会「M―1グランプリ」は、それを証明している。

 出場者の53%はアマチュア漫才師。プロ芸人がしのぎを削るイメージの強い賞レースだが、実態は違う。

 今年は総勢3917組のアマチュアが出場している。大会の全出場者7261組の半数以上を占め、無視できない存在だ。

 彼らはなぜM―1に出るのか。漫才を始めたきっかけは?

 無名ゆえ、真実は謎に包まれている。

熟年夫婦の危機に

 たとえば、新潟のアマチュアコンビ「つまようじ」も不思議さを醸し出す。

 2008年にコンビを組み、18年からは5年連続で出場している。今年も2回戦まで進んだ。

 2人は私生活でも相方で、そろそろ還暦を迎える。

 熟年夫婦に危機が訪れた時、M-1に救われたという。

最強レジェンドの女たち

 「結果」を出した伝説のアマチュアもいる。

 50代の女性コンビ「変ホ長調」は2006年、わずか結成2年目で決勝へ。

 関西弁を持ち味に、多くの素人が2、3回戦までで姿を消す中での快挙だった。ラストイヤーを過ぎて出場権がなくなった今も、史上最強のアマチュアと呼ばれる。

 今年は、この2組の秘話がラジオドラマになる。

 11月12日、19日、ABCラジオで午後8時半から。

ひもとかれる秘密

 一体、どんなドラマなのか。

 そもそも、アマチュアにどこまでの物語があるのか。

 スター街道を駆け上がるプロ芸人ではなく、前途有望な若手芸人でもない。

 それでも、キャストは面白い…

この記事は有料記事です。残り816文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載頂点へ M-1グランプリ2022(全50回)

この連載の一覧を見る