「容疑者はサイドポニーテール」追ったミアタリ 車内には2人の子が

有料記事

小野大輔
[PR]

 10月20日の夕方。班長(39)は、ひとりの女を追っていた。

 数日前から、銀行協会を名乗る女が高齢者宅を訪れ、キャッシュカードをすりかえて盗む特殊詐欺兵庫県川西市三田市で相次いでいた。

 女は二つの手がかりを残していた。インターホンに映った20~30代くらいに見える顔の画像と、移動に使ったとみられる大阪・堺ナンバーの黒いミニバン。

 捜査を託されたのは、県警の見当たり捜査班、通称「ミアタリ」だった。

 容疑者の顔写真を頼りに、街中で見つけ出す。それがミアタリの任務だ。

 インターホン画像は鮮明ではなかった。

 ただ班長は、ポニーテールを横に作った特徴的な髪形を目に焼き付けた。

 午後5時すぎ。「特徴の似たミニバンが国道2号を走行中」との情報が入る。

 西宮市の瓦木交差点で待ち構…

この記事は有料記事です。残り1113文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。