ウクライナで作品描いたバンクシー、5人組だった? 地元住民が証言

有料記事ウクライナ情勢

ボロジャンカ=杉山正
[PR]

 謎の路上芸術家として知られるバンクシーが11日夜、自身のインスタグラムウクライナ首都キーウ近郊のボロジャンカで描いた作品を投稿した。地元警察は急きょ、絵の「警備」を開始。バンクシーとみられる人物を目撃した住民は「5人組だった」と話した。

 投稿されたのは、女子体操選手が逆立ちをしているように見える作品。12日に訪れると、攻撃を受けて廃虚になった住居の壁に描かれていた。焦げ付いた臭いが残るなか、警察官2人が作品が傷つけられないように絵の傍らに立っていた。

 また、この近くには、ロシアのプーチン大統領に似た男性が柔道で少年に投げられているような絵も見つかった。バンクシーはインスタグラムにこの絵は投稿をしていないが、地元警察はバンクシーの作品だとみている。

5人組から絵の感想を聞かれ、近隣住民は

 すぐそばに住むビラ・サブチ…

この記事は有料記事です。残り486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年11月13日11時4分 投稿
    【視点】

    なにげに凄い記事では。バンクシーの制作状況の貴重な目撃証言です。 プーチン大統領らしき人物が柔道で投げられる絵で思い出すのは、2000年9月に訪日した際に講道館を訪れたプーチン氏が、10歳の女の子と稽古をして、見事に投げられてみせたときの

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年11月13日13時49分 投稿
    【視点】

    制作プロセスの一端がわかるという意味でも興味深いのですが、こうしてそっと描かれた絵を兵士が守ろうとしている写真にも、心を打たれます。大学まで美術教育を受けたもので、「美術とはなんぞや」ということを考えることが多かったのですが、そのひとつの答