米中間選挙、民主党が上院で多数派維持へ バイデン氏「いい気分だ」

アメリカ中間選挙2022

ワシントン=高野遼 望月洋嗣
【動画】米中間選挙でバイデン大統領「いい気分だ」=ロイター
[PR]

 混戦のなかで開票作業が続く米中間選挙で、連邦議会の上院(定数100)は民主党が引き続き掌握することが確実となった。激戦になっていたネバダ州で、民主党の候補が米東部時間12日に当選確実となり、民主党は多数派維持に必要な50議席を確保できる見通しになった。

 東南アジア歴訪中のバイデン大統領は13日、上院の開票状況について「いい気分だ。結果に驚いてはいないが、非常に喜んでいる」と、最初の訪問国、カンボジアで記者団に語った。

 上院では採決が同数となった場合は副大統領が可否を決めるため、50議席を確保した民主党が事実上の多数派を握ることになる。民主党は上院選で接戦となっていたアリゾナ州でも勝利を確実にしていた。トランプ前大統領の独自の推薦を受けていた共和党の両州候補の敗退は、党内でのトランプ氏の主導権に影響するとみられる。

 トランプ氏は11日、アリゾナ州で集計用の機械に不具合があったなどとSNSで主張。共和党候補から「選挙が盗まれた。選挙をやり直せ」などと呼びかけた。

 下院(定数435)は共和党の優勢が続き、大勢判明にはなお時間がかかる見通しだ。CNNによると、米東部時間12日午後9時40分(日本時間13日午前11時40分)時点で、共和党が211議席、民主党が204議席となった。共和党は改選前の212議席から大きく議席を増やすと見られていたが、民主党が善戦する展開になっている。

 中間選挙は4年間の大統領任期の「中間」に実施されるため、バイデン政権に対する信任投票の意味合いがある。40年ぶりの物価高(インフレ)が国民の生活を圧迫し、不満の矛先がバイデン政権に向いていたことから、一時は共和党に上下両院を奪還されるとみられていた。

 しかし、6月に連邦最高裁が中絶の権利を認めない判決を出したことが、民主党への追い風となった。保守派の判事を指名してきた共和党への反発が強まり、女性票を中心に民主党が支持を伸ばす結果につながった。(ワシントン=高野遼、望月洋嗣)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(春トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料
  • commentatorHeader
    三牧聖子
    (同志社大学大学院准教授=米国政治外交)
    2022年11月13日12時24分 投稿
    【視点】

    ネバダ州は州務長官選も注目されていたが、いわゆる選挙否定派の共和党候補ジム・マーチャントは敗北した。マーチャントは筋金入りのトランプ支持者で、2020年大統領選の結果を否定し、自分が州務長官となった暁には、州務長官が持つ権限をフルに使って、

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年11月13日12時9分 投稿
    【解説】

    民主党が残る郵便投票で優勢だったことから、逆転の可能性に注目が集まっていたネバダ州で、大方の予想通り民主党が伸ばして多数派を確保しました。こうした傾向は下院でもみられ、共和党優勢から伯仲へとトレンドは変わりつつあります。以下のCNNのページ