岸田首相、韓国大統領と初の正式会談 慎重姿勢が変わった背景とは?

有料記事岸田政権

プノンペン=西村圭史 鈴木拓也
[PR]

 岸田文雄首相は13日、訪問中のカンボジアの首都プノンペンで、韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領と会談した。両氏が対面で正式に会談するのは初めて。最大の懸案である徴用工問題は解決に至っていないものの、北朝鮮が異例の頻度で弾道ミサイル発射する中、日韓が連携を強化する必要性で一致し、会談が実現した。

 日韓首脳会談は、2019年12月に当時の安倍晋三首相文在寅(ムンジェイン)大統領以来、3年ぶり。

 日本政府はこれまで、「(徴用工問題に)ケリをつけない限り首脳会談は難しい」(首相周辺)との立場だった。首相と尹氏は、電話協議、国際会議に合わせた立ち話や懇談にとどまっており、対面による正式な会談は行っていなかった。

ここから続き

 今回、首脳会談が実現した背…

この記事は有料記事です。残り1510文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント