「力を発揮できた」「思いっきり歌えた」 合唱コン終えた子どもたち

有料記事

[PR]

 全日本合唱コンクール全国大会は13日、小学校部門が堺市のフェニーチェ堺で開かれました。外はあいにくの雨模様でしたが、会場には子どもたちの晴れやかな歌声が響き渡りました。大会後半で演奏を終えたばかりの声を紹介します。

川崎市立坂戸(神奈川)

丹那界翔さん(5年)

「自分の力をすべて発揮できた。毎日朝練や放課後の練習を重ねて日々成長してきたからこその今日だと思う。このホールは音がよく響くので、このホールだからこその歌声が出せた」

広島市立牛田(広島)

部長の田中あおいさん(6年)

「課題曲に選んだ『Jubilate Deo』はラテン語の難しい曲でした。みんなの発音を良くしようと、合唱部として初めて挑戦した外国の曲でしたが、よくできたと思います。昨年も出場しましたが、前回以上の成績になるように頑張りました。毎日練習してきた成果が出せたと思います」

小学校部門の後半に出場した21団体の感想です。

みんなの歌声で気合入った

田辺市立会津(和歌山

部長の酒井栞理さん(6年)…

この記事は有料記事です。残り2413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント