店の名は「不真面目商店」 店主は現役東大生、生まれる出会いの場

有料記事

ライター・田中泰子
[PR]

 鳥取市中心部の閑静な住宅街に今年8月、風変わりな店がオープンした。店名は「不真面目商店」。

 築約70年の空き家を改装した1階の土間と奥座敷には、38個の棚。それぞれに並ぶのは、アクセサリーや雑貨、古着、本などさまざま。

 すべて、棚ごとにレンタル料を払って「たなオーナー」になった地域住民が、手作りしたり、愛用したりしていたものを販売や展示している。

 営業は週4日。毎週木曜には午前7時から投げ銭方式でコーヒーがふるまわれ、通勤前に立ち寄る人、おしゃべりを楽しみに来る人でにぎわう。

 店主を務めるのは、東京大工学部4年の藤内道広さん(23)。縁もゆかりもなかった鳥取で、地域活性化の「実践」に取り組んでいる。

 藤内さんは北海道出身。10…

この記事は有料記事です。残り924文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント