3年ぶりに平等院・鳳凰堂をライトアップ 色づくモミジも荘厳な光景

小西良昭
[PR]

 世界遺産平等院京都府宇治市)は14日、庭園のライトアップを報道向けに公開した。コロナ禍で、夜間特別拝観は3年ぶりの実施になる。鳳凰堂と金色の本尊・阿弥陀如来が鏡のような池に映り、色づき始めたモミジ約200本もLEDに照らされ、荘厳な光景が浮かび上がった。

 平安時代に藤原頼通が平等院を開いて今年で970年。神居文彰住職は「歴史に触れ、仏からの光を感じてほしい」と話した。コロナ禍で、この2年間は開催を見送っていた。問い合わせが多く、ゆっくり見てもらえるように事前申込制とした。

 夜間拝観は、19日から12月4日までの土日と祝日のみで、午後6時~8時半(受け付けは午後8時15分まで)。定員は各日1千人。中学生以上1千円、小学生以下は無料。昼間の拝観とは入れ替え制で、寺のホームページ(https://www.byodoin.or.jp/別ウインドウで開きます)で事前に申し込む。(小西良昭)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント