顧客資産183億円を保全 経営破綻のFTX、日本法人が発表

有料記事

稲垣千駿 渡辺淳基
[PR]

 暗号資産(仮想通貨)交換業大手のFTXトレーディングが経営破綻(はたん)した問題で、日本法人のFTXジャパンは14日、顧客から預かっている資産の管理状況を発表した。日本円などの法定通貨と暗号資産をあわせると約183億円に上り、自社資産と分けて管理している。これとは別に会社としては196億円ほどの現預金もあるとしていて、金融庁は、FTXジャパンの支払い能力に問題はないとみている。

 同社の発表資料によると、預かり資産のうち、暗号資産はビットコインなど計14種類。14日午後2時半時点のレートで計算すると123億円ほどになる。法定通貨は日本円が約48億円、米ドルが約896万ドル(約13億円)になる。

 同社は、暗号資産について、インターネットから切り離した口座である「コールドウォレット」で、法定通貨は信託口座で、管理しているという。

 これらとは別に、現預金が1…

この記事は有料記事です。残り732文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント