米アマゾン、1万人削減を検討 最大規模、今週にも開始 現地報道

有料記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米アマゾンが約1万人の人員削減を検討していることが明らかになった。米ニューヨーク・タイムズ紙など複数の米メディアが14日報じた。早ければ今週中に始め、アマゾンの人員削減としては最大規模になる見通しという。米IT大手ではメタ(旧フェイスブック)やツイッターも大規模な人員削減に踏み切っており、コスト削減の動きが広がっている。

 同紙によると、削減の対象となるのは、音声認識AI(人工知能)「アレクサ」を含むデバイス、小売り、人事などの部門という。配送施設のパートを合わせると、アマゾンの従業員は9月末で全世界に約154万人いる。

 アマゾンはコロナの影響による「巣ごもり需要」を受け、2020年初めからの2年間で従業員をほぼ倍増させた。だが、経済再開で巣ごもり需要が減少し、成長が鈍化している。同社は今月、今後数カ月かけて採用の抑制を拡大する方針を示していた。

 アマゾン創業者のジェフ・ベ…

この記事は有料記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年11月15日22時20分 投稿
    【視点】

    アマゾンはこの数ヶ月の間に、遠隔医療サービス「Amazon Care」やオンライン生地ストア「Fabric.com」などを終了したほか、自動配送ロボット「Amazon Scout」の試験を停止するなど、事業の見直しを図っているようです。また