カタール政府機関で働く日本人「今も異世界」 公務員の半分は外国人

有料記事

江戸川夏樹
[PR]

 始業時間は午前7時15分。6時半までには、38階建ての高層ビルにあるオフィスに出社する。アラビア語で書かれた新聞5紙、英字新聞3紙に目を通し、重要なものは切り抜く。

 福嶋タケシさん(52)の朝はそうやって始まる。カタールの政府機関で働く唯一の日本人だ。広報を担当している。

 大臣につきそい、写真を撮影。その写真は公式画像として地元紙に載ることも多い。

 終業時間は午後1時15分…

この記事は有料記事です。残り1742文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載カタールのリアル サッカーW杯中東初開催

この連載の一覧を見る