京大が「閉鎖」表明の無料動画 院生が2カ月で代替サイト立ち上げ

有料記事

北村有樹子
[PR]

 京都大学が国内外向けに講義や講演を無料公開している「京都大学オープンコースウェア(OCW)」。大学側が一時、事業終了を発表し、先行きが不透明な中、京大生の有志が、京大OCWを見られるサイトを立ち上げた。発案は、OCWに強い思い入れのある大学院生。サイトが完成し、SNSでは「ナイスジョブ」と、評判になっている。

 新たなサイトは、「OCW Central」(https://ocwcentral.com/別ウインドウで開きます)。京大大学院情報学研究科知能情報学専攻の修士1回生、大戸康隆さんが発案した。8月4日、京大はOCWの運用を担ってきた学内のセンターの廃止と、OCWサイトの閉鎖を発表した。それを受け、大戸さんはその日のうちに、研究室の仲間に相談。代替サイトを作成することを決めた。

 大戸さんが「OCW閉鎖」のニュースに素早く反応したのには、訳があった。

 大戸さんは群馬県出身。高校…

この記事は有料記事です。残り1189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント