• アピタル

神経操作でマウスを「冬眠」状態に 人でも安全な手術につながる?

有料記事

瀬川茂子
[PR]

 一時的に冬眠のような状態にして、より安全な心臓血管手術ができないか――。理化学研究所と京都大のグループは、そんな可能性をマウス実験で示した。将来、ヒトでも冬眠のような状態を人工的につくりだせれば、ほかの治療応用につながる可能性があり研究を進めていくという。

 血液循環を止めて行う大動脈手術では腎臓に障害が出やすい。障害を減らすため、人工心肺装置で血液を冷やして体に戻し、「超低体温」の状態にして臓器を保護しながら手術が行われる。ただ、手術時間は長くなり、感染や術後に出血しやすくなるリスクもある。

 グループは、この課題を冬眠のような状態にして解決できないかと考えた。冬眠中の動物は代謝を下げ、低体温になり、臓器を傷つけることなく元に戻る。

 マウスを人工的に冬眠に似た状態にすることは、理研と筑波大の共同研究で2020年に成功している。脳の視床下部にある「Q神経」と名付けた細胞群を興奮させると、体温が下がり、じっとしてえさも水もとらなくなるという。

 そこで今回、Q神経を人工的…

この記事は有料記事です。残り541文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント