ラーメンチェーン「もっこす」社長を逮捕 留学生を働かせすぎた疑い

小川聡仁
[PR]

 就労時間の制限を超えて外国人留学生を働かせたとして、兵庫県警は15日、県内でラーメン店「もっこす」を展開する「もっこすフーズ」社長の内田阿ソ彦容疑者(43)=神戸市中央区楠町2丁目=を入管法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕し、発表した。県警は認否を明らかにしていない。

 外事課によると、内田容疑者は今年4~9月、神戸市内の店などで、ベトナムと中国国籍のアルバイト計3人に、留学生の労働時間の上限として法令が定める1週間28時間を超えて働かせた疑いがある。週50時間以上働いていた時もあったと同課はみている。

 8月下旬、生田署に同社の不法就労に関する匿名の情報提供があったという。

 もっこすフーズのホームページによると、1977年10月に内田容疑者の父が「神戸の中華そば もっこす」を開店した。現在は直営店、フランチャイズ店を合わせて兵庫県内で14店舗を経営しているという。(小川聡仁)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント