トランプ氏、大統領選へ出馬表明 中間選挙苦戦で批判の中、持論展開

有料記事

フロリダ州パームビーチ=高野遼、ワシントン=望月洋嗣
[PR]

 米国のトランプ前大統領が15日、2024年の次期大統領選への立候補を表明した。フロリダ州の自宅「マール・ア・ラーゴ」で開いた集会で明らかにした。中間選挙での苦戦により共和党内ではトランプ氏への批判的な声も出ており、どこまで支持を広げられるかが焦点となる。

 トランプ氏は集まった数百人の支持者に向かって「米国のカムバックは今、始まる」と切り出し、トランプ政権当時の外交、内政上の「実績」を並べ立てた。「私の任期中、この国は偉大で栄光に満ちていたが、いまは傾いている」として、バイデン政権を批判。ロシアによるウクライナ侵攻も、トランプ氏が大統領なら起こっていなかったと主張した。

 中間選挙で独自に推薦した共和党候補のほとんどが当選したと持論を展開。「米国を再び偉大で栄光に満ちた国にするために、今夜、(2024年の)大統領選への立候補を表明する」と述べた。

 2年後の大統領選に向け、有…

この記事は有料記事です。残り832文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。