過去に返り咲いた大統領は? 当選、落選、のち再選…米国史上で1人

有料記事アメリカ中間選挙2022

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 トランプ前大統領は2020年の大統領選で敗れ、4年間を経て再挑戦することになる。米国では大統領選に敗れた候補者が、再び立候補するケースは珍しい。ただ、返り咲いた例がないわけではない。

 再選を目指しながら落選し、4年後に当選した大統領が米国史上、1人だけいる。第22代と第24代を務めたグローバー・クリーブランド(民主)だ。

 クリーブランドが初当選した…

この記事は有料記事です。残り793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント