大阪でK-POPの祭典開催 BTSのJ―HOPEさんも出演へ

守真弓
[PR]

 11月下旬に大阪で開かれるK―POPの祭典「MAMA AWARDS」の出演者が16日、発表された。世界的ボーイズグループ、BTSのJ―HOPEさんがテレビでは初公開となるソロステージを披露するほか、五つの新人ガールズグループがコラボする舞台なども予定しているという。この日、同音楽祭を主催するCJ ENMのチーフプロデューサー(CP)らが記者懇談会を行い、追加の出演者や、舞台の詳細について発表した。

 J―HOPEさんは「I am your HOPE(私はあなたの希望)」をテーマに公演する。音楽祭の演出を担うユン・シネCPは、「今までBTSはMAMAにおいて伝説となる舞台を披露してきた。今回も末永く残る舞台とするために一生懸命、振り付けをリニューアルするなど準備をしてくれている」と期待を示した。

 記者懇談会では、音楽評論家のキム・ヨンデさんがK―POPのトレンドについて発表。現在は女性グループの存在感が増しているとして、「第二のBTSは必ずしもボーイズグループではなく、ガールズグループから出るかもしれない。男性目線ではなく女性ファンダムの支持に基づくガールズグループが登場している」と話した。

 こうしたトレンドをふまえ、今年の同音楽祭ではIVE、NewJeans、NMIXX、Kep1er、LE SSERAFIMという人気急上昇中の五つの新人ガールズグループの計32人が一緒に舞台に立つコラボステージなども予定しているという。また、気鋭のガールズグループ、(G)I―DLEは今年デビュー25周年を迎えるバンドのJaurimとコラボする。

 ほかにStray Kids、TOMORROW X TOGETHER、ZICO、NiziUなども出演予定。司会役のホストは、歌手のジョン・ソミさんと俳優のパク・ボゴムさんが務める。

 同音楽祭は、韓国のテレビチャンネル「Mnet」を運営するCJ ENMが「Mnet Asian Music Awards」として2009年から毎年、主に国外で開催してきた。今年から「MAMA AWARDS」に名称を変更し、11月29、30日に京セラドーム大阪で開催する。(守真弓)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント