10月の訪日客49.8万人 観光客は9月の15倍、水際緩和で効果

有料記事

高橋豪
[PR]

 日本政府観光局(JNTO)は16日、10月の訪日外国人客インバウンド)が49万8600人だったと発表した。9月の20万6500人から約2・4倍となった。このうち観光目的は約29万人で、9月の約1万9千人から15倍以上に伸びた。新型コロナウイルスの水際対策が大幅に緩和されたことを受けて、日本への入国がしやすくなった効果が表れた。

 10月11日から1日あたりの入国者数の上限がなくなり、短期滞在のビザも免除されるなど、水際対策がほぼ撤廃された。ビジネス、観光ともに来日しやすくなり、緩和前の10月1~10日の訪日客数は1日平均約2千人だったが、緩和した11日以降は平均約1万3千人と約7倍になり、11月からは約2万人に増えた。

 昨年10月(2万2113人)と比べると、約22・5倍に伸びた。国・地域別では、韓国(12万2900人)、米国(5万3200人)、香港(3万6200人)の順に多かった。2020年3月以来、最多となる。

 特に増えたのは観光客だ。出…

この記事は有料記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    安田峰俊
    (ルポライター)
    2022年11月17日10時8分 投稿
    【視点】

    11月上旬に阿蘇と湯布院に旅行に行ってきました。特に湯布院はかなりインバウンドが戻っている印象です。メインの通りではかなり頻繁に韓国語と広東語を耳にしましたし、自撮り棒を持って動画実況をする台湾人、温泉で喜ぶ香港人……と、口元のマスク以外は

  • commentatorHeader
    座安あきの
    (ジャーナリスト・コンサルタント)
    2022年11月20日14時46分 投稿
    【視点】

    ピーチの那覇ー台北(桃園)直行便が11月17日から再開したのに合わせ、初便に乗って台湾を訪問しました。2019年11月に台南と高雄を訪れて以来、3年ぶりの海外渡航で、日本と海外の「ウィズコロナ」の考え方や対策の違いを痛感したので、リポートし