大雨に備えろ! 「事前放流」でダムの水抜く 放流ゲートづくり急務

有料記事

座小田英史
[PR]

現場へ! 変わるダム③

 9月18日午後7時、観測史上最強級と言われた台風14号が鹿児島県に上陸した。同県さつま町の川内(せんだい)川にある国土交通省の鶴田ダムでは翌日深夜2時ごろ、流れ込む水量が1秒あたり最大1931立方メートルに達した。

 「雨は予想よりも少なく、落ち着いて対処できました」。鶴田ダム管理所の広松洋一所長(58)はそう振り返る。

 このダムは治水と発電目的で1966年に建設された。高さ117・5メートル、長さ450メートルは、九州で最大級のダムだ。

 台風への備えは上陸の2日前…

この記事は有料記事です。残り1190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。