5人に1人がマッチングアプリで結婚、出会った理由で初のトップ

有料記事

小出大貴
[PR]

 インターネット上で知り合う「マッチングアプリ」で結婚相手を見つけるのはもはや当たり前――。明治安田生命が16日に発表したアンケート結果では、2022年に結婚した5人に1人以上の出会いのきっかけがマッチングアプリだった。新型コロナ禍以降に急増していて、対面での出会いが減ったことが影響したとみられる。

 11月22日の「いい夫婦の日」を前に、同社が全国の20~70代の既婚者1620人にインターネット調査で聞いた。

 このうち22年に結婚した人の出会いは、マッチングアプリがトップの22・6%。「職場の同僚・先輩・後輩」と「学校の同級生・先輩・後輩」が同率の20・8%で続いた。

 マッチングアプリがきっかけの結婚は10~14年に結婚した人で2・4%、15~19年に結婚した人で6・6%。国内でコロナが広がった20年に結婚した人では17・9%と急増し、今年の結婚ではさらに伸びた。

 一方、「友人・知人の紹介」…

この記事は有料記事です。残り114文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント