日本はW杯初戦に勝ったら1次リーグ突破率100% 負けていたら…

森保ジャパン

堤之剛
[PR]

 サッカー日本代表は23日、ワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ初戦で、W杯過去4度優勝のドイツに2―1で逆転勝ちした。

 日本が出場した過去6大会の成績から読み解くと、1次リーグ突破のため、初戦の結果は重要な意味をもつ。

 日本の過去6大会の1次リーグ初戦の成績は、通算2勝3敗1分けだ。勝つか引き分ければ、必ず決勝トーナメントに進出している。

 2002年日韓大会ではベルギーと2―2で引き分けた。出場2回目で日本は、W杯で初めて勝ち点を獲得した。

 10年南アフリカ大会はカメルーンに1―0で勝利。W杯で初めて白星スタートを切った。

 18年ロシア大会では、コロンビアとの接戦で後半に勝ち越し、2―1でものにした。

 日本はこの3大会はいずれも決勝トーナメントに進んだ(16強)。

 一方、初戦につまずいた過去3大会で、1次リーグを突破したことはない。

 初出場だった1998年フランス大会はアルゼンチンの攻撃に耐えながら、好機を生かされて0―1で敗れた。

 06年ドイツ大会はオーストラリアに後半39分から3失点し、1―3で逆転負けした。

 14年ブラジル大会はコートジボワールから1点を先取したが、後半に2失点して1―2で敗れた。

 初戦に敗れた3大会では、2、3戦目に勝利を挙げたことがない。短期決戦で立て直すことがいかに難しいかを示すデータといえる。

 ちなみに、日本は02年日韓大会から8年周期で、1次リーグ初戦で勝ち点を得て16強に進んでいる。その「法則」に照らし合わせると、カタール大会は1次リーグ敗退となる。(堤之剛)

日本のW杯1次リーグ初戦の成績と大会成績

98年フランス大会 ●0―1アルゼンチン 1次リーグ3試合全敗で敗退

02年日韓大会 △2―2ベルギー 1次リーグ2勝1分け、決勝トーナメント1回戦でトルコに敗れて16強

06年ドイツ大会 ●1―3オーストラリア 1次リーグ2敗1分けで敗退

10年南アフリカ大会 ○1―0カメルーン 1次リーグ2勝1敗、決勝トーナメント1回戦でパラグアイにPK戦の末に敗退

14年ブラジル大会 ●1―2コートジボワール 1次リーグ2敗1分けで敗退

18年ロシア大会 ○2―1コロンビア 1次リーグ1勝1敗1分け、決勝トーナメント1回戦でベルギーに2―3で敗れて16強

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント