曲も動きも…なのに練習「1日1時間」 制約越え挑むマーチングコン

有料記事

山崎琢也
[PR]

 第35回全日本マーチングコンテスト全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が20日、大阪市大阪城ホールで開かれる。静岡県内から浜松市立三方原中(浜松市北区)が東海代表として出場し、練習の成果を披露する。

 11月中旬、三方原中の体育館で生徒たちは一糸乱れぬ行進を見せていた。顧問の森北三稀(みき)教諭(25)が「テンポが変わる所で遅くなる。もう少し前に行くイメージで」と指示をした。30分ほどしたところで「楽器を片付けて、部室でミーティングをします」と呼びかけ、練習が終わった。

 森北さんは「この時期は日暮…

この記事は有料記事です。残り432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。