帰宅した母は思わず抱きしめた 料理研究家・ジョーさん。のトンカツ

有料記事

記事の後半でレシピをご覧いただけます

[PR]

 料理研究家の「ジョーさん。」さん(33)は、時短レシピをSNSで発信しています。掲げるミッションは、「一つでも多く幸せな食卓を作る」こと。原点には、子どもの頃の母の記憶があります。

 共働きの両親と兄の4人家族。仕事を終えて家に戻り、家事をてきぱきとこなす母を見て育ちました。

 自然と手伝いをするようになりました。小学校から帰って家にいると、母から電話で「ご飯を炊いておいて」「みそ汁だけ作っておいて」と頼まれました。母が帰宅すると、おかずの準備が始まります。

 多かったのは揚げ物です。できたものから食卓に置かれ、育ち盛りの子どもたちは勢いよく食べますが、その食卓に母の姿はありませんでした。おかずを作ったり、洗い物をしたりしながら、立ってご飯を食べていました。

 「テレビの世界ではにぎやかな食卓が描かれていましたが、うちは違った。母はおなかを満たせればいいという感じだった」と振り返ります。一緒に座って食べたいな。そんな寂しさを感じていました。

 小学生のある日、母の帰宅前…

この記事は有料記事です。残り890文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント