「鉄道むすめ」のキーホルダー発売 西武グループの3社がコラボ

深津慶造
[PR]

 西武グループ西武鉄道埼玉県所沢市)、伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)、近江鉄道滋賀県彦根市)がコラボし、PR商品「鉄道むすめ」を使ったアクリルキーホルダーを発売する。6個組み合わせると、キューブ状の1個のキーホルダーになる。

 鉄道むすめは、栃木県の玩具メーカー「トミーテック」が、全国各地の鉄道の広報用に展開するキャラクター。今回、西武鉄道の「井草しいな」「川越いぶき」、伊豆箱根鉄道の「修善寺まきの」「塚原いさみ」、近江鉄道の「日野せりか」「豊郷あかね」という各キャラクターのキーホルダーと、3社の3人が一緒にデザインされたキーホルダー全12種類が用意されている。

 縦5センチ、横5センチの正方形で、1個税込み500円。外周にあるツメで6個を組み合わせると立方体になる仕組み。

 伊豆箱根鉄道の11月23日のイベント「いずはこね ふれあいフェスタ」で先行発売されるほか、30日に近江鉄道、12月3日に伊豆箱根鉄道、同10日に西武鉄道のホームページなどでそれぞれ発売される。(深津慶造)