米国の大学で4人刺殺 4日経っても容疑者は特定されず…授業も中止

有料記事

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米西部アイダホ州で大学生4人が刺殺される事件が起き、波紋を広げている。警察は「周辺への危険はない」としていたが、発生から4日間経っても容疑者は特定されておらず、不安を抱えて大学を離れる学生も増えているという。

 事件が発覚したのは、13日正午ごろ。アイダホ州モスコーにあるアイダホ大学近くの住宅で「意識を失っている人がいる」という通報を受けて現場に到着した地元警察が、4人の遺体を発見した。警察によると、20~21歳の女性3人、男性1人で、全員が同大の学生だった。

 警察は13日の発表で「狙いを定めた、独立した犯行とみられ、周辺への切迫した危険はない」としていた。しかし、根拠は示されず、事件の詳細についての説明もほとんどなかった。

 16日に初めて開いた記者会…

この記事は有料記事です。残り497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント