米国、北朝鮮のミサイル発射を「強く非難」 日韓などと緊急会合

有料記事

清宮涼
[PR]

 北朝鮮が18日、日本海に向けてミサイル1発を発射したことを受け、米国家安全保障会議(NSC)のワトソン報道官は、「北朝鮮の長距離弾道ミサイルの試射を強く非難する」とする声明を出した。

 バイデン米大統領が状況の説明を受けており、日本や韓国などと緊密な連携を続けるとした。また、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議のため、タイ・バンコクを訪問中のハリス副大統領が「同盟国や友好国と連携している」と説明した。ホワイトハウスによると、北朝鮮のミサイル発射を受け、ハリス氏は岸田文雄首相や韓国の韓悳洙(ハンドクス)首相、豪州のアルバニージー首相、ニュージーランドアーダーン首相カナダのトルドー首相との会合を開いた。

 NSCの声明は、今回のミサ…

この記事は有料記事です。残り239文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント