子どものW杯観戦、上達へつなげるには…中村憲剛さんおすすめの見方

有料記事

構成・辻隆徳
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が20日(日本時間21日)に開幕した。W杯の出場経験がある元日本代表MFの中村憲剛さん(42)に、テレビやインターネットを通じた試合観戦の楽しみ方を聞いた。

 ――W杯では画面を通して、どんなところに注目すればいいでしょうか。

 「世界一をめざす選手たちの迫力、雰囲気は他の大会とは異なります。国を背負って戦っているので、選手の覚悟もいつもとは違います。試合を見るとき、難しく考える必要はありません。ゴールシーンやキーパーがシュートを防ぐ決定的な場面など、誰の目にもとまるプレーから楽しんでもらえればいいと思います」

 ――中村さんがW杯を初めて見たのはいつですか。

 「1986年のメキシコ大会です。僕は5歳でした。マラドーナ(元アルゼンチン代表)をずっと見ていましたね。左足のボールタッチを見て、シンプルに『すごいな』って。この大会のマラドーナは『神の手』(ハンドの反則を審判が見逃しゴールが認められたプレー)や『5人抜き』も決めました。この大会からマラドーナを追いかけました。マラドーナのW杯での活躍をまとめたビデオを買ってもらったほどです」

 ――今大会で注目している選手は?

 「アルゼンチン代表のメッシの調子が今季は良いです。35歳なので、彼にとって最後のW杯になる可能性があります。見て欲しいのは左足の扱い方ですね。シュートもパスもできるし、ドリブルでは相手に球を奪われない。得点に絡む確率が異常に高いというのが特長です。若い選手なら足が速いフランス代表のエムバペ。23歳の彼は球を扱う技術に加え、跳んだり走ったりするアスリートとしての能力も高い。現代サッカーの申し子みたいな選手です」

 ――日本の子どもたちがマネするには少し難しいかもしれませんね。手本となりそうな選手はいますか。

 「前回準優勝したクロアチア…

この記事は有料記事です。残り853文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント