絶好調の堂安律、欧州での挑戦 出番がなかった日はしゃべらなかった

有料記事森保ジャパン

内田快
[PR]

 ドイツ戦も、スペイン戦も、日本を救う同点ゴールをたたき込んだのは堂安律(24)だった。

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で絶好調のアタッカー。

 ドイツ戦の得点は、相手のGKがはじいたボールを蹴り込んだものだった。スペイン戦では強烈なミドルシュートでGKの手をはじくようにしてネットを揺らした。

 「ドイツ戦(の得点は)ただのごっつぁんだろうと言う人もいたが、こうして結果で黙らせた。今日くらいはみんな称賛してほしい」

 筋金入りの負けず嫌い、である。

 小学生のときには、もうその性格だった。

 少年時代のコーチ、早野陽さん(38)が堂安と出会ったのは小学校4年生のとき。セレッソ大阪の下部組織に合格できず、失意の中で入った西宮サッカースクール(兵庫県西宮市)だった。

 早野さんは振り返る。

 「初めて見たとき、小学校にここまでの子がいるんだと思いました」

 群を抜いていたものが二つあった。

 一つは、ファーストタッチのうまさ。もう一つは、負けず嫌いな性格だった。

 「僕が他の選手を褒めると嫌そうな顔をする。僕が『そいつうまいな』と言うと、律は『うまいか?』と答えるんです」

 試合では決まって、早野さんが褒めた選手に対して勝負を仕掛けていった。

 早野さんはそんな性格を踏ま…

この記事は有料記事です。残り997文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント