新潟地裁「死刑選択できない」 女性にわいせつ、殺害の男に無期判決

有料記事

宮坂知樹 友永翔大
[PR]

 2014年に新潟県新発田市の女性(当時20)にわいせつな行為をしたうえ殺害したとして、殺人や強制わいせつ致傷などの罪に問われた喜納(きな)尚吾被告(39)=別の強姦(ごうかん)致死事件などで無期懲役判決が確定=の裁判員裁判の判決公判が18日、新潟地裁であった。佐藤英彦裁判長は、前科に言及して「常習性が非常に高い」と非難する一方、同様の事件での量刑の傾向を踏まえ、無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。

 判決によると、喜納被告は14年1月15日、新発田市で出勤途中だった女性を車ごと連れ去り、無理やりわいせつな行為をして負傷させたうえ、市内の小川で首を絞めるなどして殺害した。20年3月に起訴され、公判では事件への関与を否定していた。

 判決はまず、女性の車のハン…

この記事は有料記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント