あなたのおかげで日本代表に…山根視来が恩師に贈ったブルーペナント

有料記事森保ジャパン

勝見壮史
[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会に向けて、ドーハで合宿を始めたころだった。日本代表DFの山根視来川崎フロンターレ)は、うれしそうに言っていた。

 「みんなから、『頑張って』『楽しんで来てくれ』と言われた。せっかくの舞台。まずは自分自身が楽しみたい」

 感謝の思いは、これまで支えてくれた指導者やチームメートに向けられていた。

 11月27日のコスタリカ戦で先発し、夢だったW杯のピッチに立った。5日(日本時間6日午前0時開始)の決勝トーナメント1回戦、クロアチア戦でも、出番が来れば持ち味の突破力を存分に発揮するつもり。

 そんな山根が日本代表に初選出された際の、恩師とのエピソード。

「まだ頑張ろう、できる限りやらなきゃなって思いました」

 僕の原点。サッカーの楽しさを教えて頂き、ありがとうございます。みんなの楽しみが増えるくらい活躍します――。

 濃紺のケースを開けると、小さな青い旗とともに、自分宛ての感謝状に日本代表にまで育ったDF山根の直筆メッセージがつづられていた。

 6月下旬、あざみ野FC(横…

この記事は有料記事です。残り913文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント