晩秋の夜空で舞う炎 手筒花火「発祥の地」愛知県豊橋市でイベント

戸村登
[PR]

 手筒花火の発祥の地とされる愛知県豊橋市で19日、観光イベント「炎の祭典~霜月炎の舞~」が始まった。会場の豊橋球場では、市内の神社の氏子らが手筒花火を抱え、晩秋の夜空へ高さ10メートルほどの火柱を一斉に噴き上げ、観客を沸かせた。

 豊橋商工会議所や市、三河伝統手筒花火連合会などでつくる実行委員会が主催。コロナ禍で一昨年は無観客で実施、昨年は中止していた。20日も開かれるが、観覧チケット(950席)はすでに売り切れという。(戸村登)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント