ミサイルを背にした赤い靴の少女 北朝鮮の4代目指導者になるのか

有料記事

ソウル=稲田清英 瀋陽=金順姫
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記の娘の存在を公表した。ベールに包まれていた「後継者候補」の一人を、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射という世界が注目する動きとともに伝えた意図は何なのか。

 発射台に据えられた巨大なミサイルを背景に、白い上着と赤い靴を身につけた少女が、絶対的な最高指導者の金総書記と手をつないで歩く。朝鮮中央通信が19日に配信した写真は、少女の存在を強く印象づける。

 同通信はICBM「火星17」の試射で「世界最強の戦略兵器としての性能がはっきりと検証された」などとも伝えた。

 金総書記が軍事力を誇示する報道に妻の李雪主(リソルチュ)氏に加えて娘を登場させたことについて、韓国・梨花女子大の朴元坤(パクウォンゴン)教授は「韓米の情報当局も注視する場。核・ミサイル能力に対する自信の反映ではないか」とみる。

北朝鮮における「娘」であることの意味

 建国以来、金一族の独裁体制…

この記事は有料記事です。残り493文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント