タケはすごい子、裏腹な子 冨安健洋、「世界一のDF」へ内に宿る熱

有料記事森保ジャパン

勝見壮史
[PR]

 かつてプロの世界を夢見てボールを追いかけた芝の上で、15、16歳の後輩たちに囲まれていた。優しい表情とは裏腹に、そこで発したメッセージは強烈だった。

 「自分はここにいてはいけない選手だと周りに認めさせて欲しい。1年でも早く海外に出て活躍することを、君たちに求めている」

 2022年6月、サッカー日本代表のDF冨安健洋(たけひろ)(24)は、自身が育ったJ1アビスパ福岡の練習場にいた。

 世界最高峰のイングランド1部リーグの名門アーセナルでシーズンを終えて帰国。自身の発案で、育成組織の後輩たちを3日間指導していた。

 メッセージの真意は何だったのか。

 「サッカーをやっている以上、価値を証明しないといけない。チームで自分が一番でないと、上にはいけないというのが僕の感覚」

 伝えていたのは、冨安の人生そのものだった。

ギラギラした野心は感じないけれど

 17歳でプロデビューを飾った。海外勢にもひけを取らない187センチの大型DFとして、将来を嘱望された。

 19歳でベルギーへ渡り、イタリアを経て、21年にイングランドへ。瞬く間に成功の階段を駆け上がったが、成り上がったという言葉は似合わない。

 感情を表に出さず、いつも淡…

この記事は有料記事です。残り1097文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント