「この試合が最後でもいいように」 久保建英が心に刻む言葉の意味

有料記事森保ジャパン

勝見壮史
[PR]

 サッカー日本代表は5日(6日午前0時)、ワールドカップ(W杯)で史上初となる8強進出をかけて、クロアチアとの決勝トーナメント1回戦に臨む。

 チーム最年少、21歳の久保建英(たけふさ)はかつて、もう一つの日本代表の歴史をつくろうとして、涙にくれたことがある。

 芝の上に座り込み、目を閉じ、口を開いて大泣きしていた。まるで好きなおもちゃを奪われた子どものように。

 昨夏の東京オリンピック(五輪)サッカー男子3位決定戦。日本がメキシコに1―3で敗れた直後のことだ。

 ほどなく取材エリアに現れた久保は、うそのようにケロッとしていた。「こんなチャンス、もうないと思う」と試合を振り返り、はっきりと受け答えしていた。

 この落差をどう考えればいいのだろう。

 あの涙は、日本サッカーの金…

この記事は有料記事です。残り1537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント