ベッカムと同じ街クラブから巣立ったケーン 太った遅い子の長所

有料記事

岩佐友
[PR]

 1枚の写真がある。

 元イングランド代表のスター選手、デービッド・ベッカムさんの両隣で、喜びと緊張が入り交じった表情の少年と、柔らかい笑顔を見せる少女。右はイングランド代表FWハリー・ケーン。左は後にケーンの妻となるケイト・グッドランドさんだ。

 「2人の代表キャプテンがここから育ったんだ」

 この3ショットを誇らしげに見せてくれたのは、ロンドン北東部に拠点を置く街クラブ「リッジウェーローバーズFC」のイアン・マーシャル会長(54)だ。

 10月中旬、平日の夕方に練習場を訪れると、小学生の子どもたちが少人数のグループに分かれて、ボールを蹴っていた。

 「6~7歳は5人対5人、8歳以上は7人対7人でプレーする。たくさんボールに触れることが大切だから。ハリーもそうやって育ったんだ」

 ベッカムとケーンはともに、このクラブで幼少期にプレーした。

 「ベッカムは全体練習後、持てるだけのボールを運んで、独りでFKの練習をしていた。ハリーは試合が終わった後にいつも走っていた。みんなと同じ練習では物足りず、やる気にみなぎっていたのは共通点だね」とマーシャルさんは言う。

 17歳にして強豪マンチェスター・ユナイテッドでデビューしたベッカムに比べ、ケーンの歩みは苦労が多かった。

 7歳で名門アーセナルのスカ…

この記事は有料記事です。残り1113文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント