堂安律を支える尼崎のソウルフード 「試合ではライオン、店では…」

有料記事森保ジャパン

矢島大輔
[PR]

 「めざすはW杯優勝」

 「生まれ変わったら、アメリカ大統領になりたい」

 数々のビッグマウスと、強烈なシュートで知られる、サッカー日本代表FWの堂安律選手(24)。

 23日の初戦では、1点差を追う後半に切り札としてピッチに入った。

 「俺しかいない、という気持ちで入りました」

 4分後。味方シュートをドイツ代表GKの名手ノイアーがはじく。こぼれてきたボールを得意の左足シュートで突き刺し、大きく口を開けてほえた。強豪相手の歴史的な勝利につながった。

堂安選手は「尼崎の心そのものやね」

 「試合ではライオンみたいにほえまくってた。でもお店では、子ネコみたいなもんやね」

 兵庫県尼崎市のてっちゃん鍋「やすもり」を営む西原龍雄さん(55)は言う。

 堂安さんが小学生の頃から通っている、1973年創業の老舗だ。阪神尼崎駅近くのガード下にあり、「コ」の字カウンターに円盤鍋が並ぶ。

 堂安選手は幼少の頃は体が小さく、両親や2人の兄らのかげに隠れ、目立つ存在ではなかったという。

 一方で、小学生のときにセレ…

この記事は有料記事です。残り899文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]