就活生になりすまし「WEBテスト」受検容疑 関西電力社員を逮捕

有料記事

大山稜、御船紗子
[PR]

 会社の採用試験で使われるWEBテストで受検者の依頼を受けて「替え玉受検」をしたとして、警視庁は会社員、田中信人容疑者(28)=大阪市北区=を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで逮捕し、22日発表した。同庁は田中容疑者がツイッター上で「WEBテスト代行」をうたって全国の就活生約300人になりすましてテストを受け、報酬として計約400万円を得たとみている。

 WEBテストの代行行為が摘発されるのは全国で初めてとみられる。

 サイバー犯罪対策課によると、田中容疑者は今年4月、就活生の女子大学生(22)の受検IDとパスワードを使ってこの女子学生になりすまし、WEBテストを受検した疑いがある。依頼した女子学生も共犯容疑で22日に書類送検した。2人とも容疑を認めているという。

 田中容疑者が代行して受検したWEBテストは、エントリー先の東京都内のクレジットカード会社から受け取ったIDとパスワードでログインすれば、場所は問わず受検できる仕組みで、身分証などを使った本人確認は求められなかったという。

 捜査関係者によると、田中容疑者は関西電力社員。ツイッター上で京都大院卒という学歴をアピールして依頼者を募集。女子学生から23社分のWEBテストの代行を計約10万円で依頼されていたという。

 WEBテストは、提供する会…

この記事は有料記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。