図書館司書、続けたいけれど 非正規、低賃金…「女性軽視では?」

有料記事

宮田裕介
[PR]

 東京都の40代の女性にとって、司書は子どものころからの憧れの仕事だった。

 大学で資格を取り、非正規職員として図書館で働き始めた。

 やりがいは毎日感じている。

 孫がうまれたばかりの女性が絵本を探しにきた時には、かつて自分の子に読み聞かせていた本と“再会”させることができ、「孫に読んであげたい」と喜んでいた。

 小学校へ読み聞かせをしに行くと、子どもたちが目を輝かせて物語の世界に聴き入ってくれる。

 「本と出会う瞬間に立ち会えることが何よりうれしい仕事なんです」

 問題は、その待遇だ。

 業務は正職員並みに幅広い…

この記事は有料記事です。残り1620文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。