長友佑都のブラボーな人間力 ゲーセンまで追いかけてきた恩師の教え

有料記事森保ジャパン

勝見壮史
[PR]

 これを待ってるんでしょ?

 そう言わんばかりに、びしっとセリフを決めた。

 「明日は必ず、クロアチアを破って、みんなで新しい景色を見たいなと思います。そしてまた、大きな声で『ブラボー!』と叫びたいなと思ってます」

 4日、サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦に向けた記者会見。

 日本代表の長友佑都は、いつものように冗舌だった。

 伏線は、11月23日にあった1次リーグE組の初戦だ。日本は、優勝4度のドイツを2―1の逆転で破る番狂わせを演じた。試合後、目を見開いて、叫んだテレビインタビューが国内の話題をさらっていた。

 「みんなブラボー! ブラボー! ブラボー!!」

 ドイツ戦で長友はDFで先発して左サイドを駆け回り、後半12分に退いた。なのに、その後の同点の歓喜を伝える写真には、ゴールを決めた主役の堂安律の真横にきっちり納まっていた。

 いつだって輪の中心にいる。それが長友だ。

 サッカー選手としては本意ではないかもしれない。ただ真っ先に評価されるのは、その人間性だ。

 日本代表の森保一監督は語る…

この記事は有料記事です。残り951文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
サッカーワールドカップ

サッカーワールドカップ

日本代表の試合結果や海外の注目選手まで、ワールドカップのニュースや情報をお伝えします。[記事一覧へ]