「循環」から生まれる牛乳とチーズ 地域でエサをつくり、堆肥で戻す

有料記事

編集委員・大村美香
[PR]

現場へ! 酪農家たちの挑戦②

 ナカシマファームは、佐賀県嬉野(うれしの)市の田園地帯にある。市内でただ1戸の酪農牧場だ。搾乳中の牛40頭を含め、約90頭の牛を飼う。

 午前6時すぎ、牛舎を訪ねると、すでに朝の作業が始まっていた。搾乳スペースに牛を呼び込み、乳房の状態を確かめ、消毒して搾乳機を装着する。乳を搾り終えた牛は自ら歩いて移動し、エサをモリモリと食べ始めた。

 牛のエサには、主食にあたる牧草類の粗飼料と、トウモロコシなどの濃厚飼料がある。ここの牛たちが食べる粗飼料は、稲や麦。周囲の水田で栽培し飼料用に発酵させたものだ。

 「飼料を作るノウハウの蓄積…

この記事は有料記事です。残り1044文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント