牧場を飛び出す酪農家 IT活用、「牛宿」運営、ウイスキーづくり…

有料記事

編集委員・大村美香
[PR]

現場へ! 酪農家たちの挑戦③

 北海道東部、中標津(なかしべつ)空港に降り立つ。ロビーでは乳牛親子の等身大オブジェがお出迎え。

 中標津町は人口約2万3千人に対し、約4万4千頭の乳牛がいる。近隣自治体も含め、日本有数の酪農地帯だ。

 空港から車で20分、竹下牧場に着いた。160ヘクタールの草地を持ち、約320頭を飼う。この地域でも規模が大きい方に入る。

 牛舎に入ると、牛たちが首輪のようなものを付けている。牛用の装着端末で、反芻(はんすう)や活動量、体温などを計測。発情や出産の兆しも伝えてくれる。エサは1日8回、機械が自動で与える。牛舎の温度も自動調整。

 代表取締役の竹下耕介さん(…

この記事は有料記事です。残り1017文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント