コロナ飲み薬の緊急承認は「仮免許」 有効性推定と迅速さの両立課題

有料記事新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の治療薬として、塩野義製薬の飲み薬が緊急承認される。軽症者も使える初めての国産の飲み薬となる。期待の一方、重症化を防ぐ効果など分かっていないこともまだ多く、「薬の実力」については慎重な見方もある。

 緊急承認は、感染症のパンデミック(世界的大流行)などの際に医薬品を迅速に使えるようにするための制度だ。ただし、「仮免許」のようなもので、塩野義は今後も有効性と安全性のデータを集める必要がある。承認期限は1年で、再審議で有効性を「確認」できなければ取り消される。

 今後もこの制度を使った審議があるとみられるが、課題も見えてきた。

 緊急承認で想定されていたの…

この記事は有料記事です。残り570文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]