河野大臣、外務省に調査を要請 深夜・休日勤務の加算分未払いが判明

有料記事

[PR]

 外務省が、超過勤務手当のうち深夜・休日に勤務した場合の加算分を職員に支払っていなかったことが22日、分かった。同省独自のシステムの不備が原因だという。河野太郎・国家公務員制度担当相が閣議後の記者会見で明らかにし、同省に調査などを求めた。

 河野氏によると、同省職員からの通報にもとづき、内閣人事局を通じて同省に確認したところ、平日の午後10時以降の勤務や休日・祝日の出勤について加算分の未払いが確認された。同省は在外公館で勤務する職員が多いため、他省庁とは異なる独自システムを使っており、このシステムに不備があったとした。

 河野氏は同省に対し、未払い…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り138文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    小室淑恵
    (株式会社ワーク・ライフバランス社長)
    2022年11月26日9時54分 投稿
    【提案】

    2016年、当時も行革大臣だった河野議員に「国家公務員の働き方改革を!」と訴えにいったら「すぐにやろう。小室さんが座長ね」と翌月には検討会を作ったスピードに驚いた記憶がある。  去年の1月には国家公務員制度担当大臣として会見で「残業時間