出向したJAL・ANAの客室乗務員はいま 空に戻らない人も

有料記事

松本真弥
[PR]

 久しぶりに「鶴丸」のロゴが入った制服に袖を通した。成田空港の出発ロビーのモニターには、運航便の情報がずらりと並んだ。

 「戻ってきたんだな」

 今年7月、三好真央さん(29)は日本航空(JAL)の国際線の客室乗務員(CA)として、約1年ぶりの乗務に向かった。米ボストン行きの機内は、東南アジアからの乗り継ぎ客でにぎわっていた。

新型コロナで航空需要が落ち込み、多くの客室乗務員が出向にでた。そしていま、水際対策が緩和され、もとの仕事に復帰し始めている。中には新しい道を選んだ人もいる。コロナ禍を経て業界の人材戦略も変化している。出向した2人のいまを追った。

「人の役に立ちたい」思い

 2020年、新型コロナの感染が広がり、便数はみるみる減った。月10便ほどの国際線の乗務をこなしていた三好さんのスケジュール帳から、フライトの日程はほとんど消えた。

 自宅でのリモート研修が入るようになり、空いた時間は英語やワインの勉強など自分磨きに充てた。感染はすぐに収束すると思っていたが、そうはいかなかった。終わりが見えない日々に、転職が頭をよぎった。

 JALはこの年の夏ごろから出向者を送り出していた。社外に出てコールセンターや不動産会社などで働く同僚の姿は、連日のように新聞やテレビで取り上げられた。

 21年7月から、出向することが決まった。「人や社会の役に立ちたいという思いが募った。同僚の姿にも背中を押された」

 受け入れ先は日本ユニセフ協会。米ニューヨークの本部から届く英語の広報文を翻訳したり、インスタグラムツイッターなどのSNSを更新したり。活動などを伝える「ラジオ・ユニセフ」のDJも務めた。

 CAらの「タンス外貨」を募金する企画も実現させた。頻繁に海外と行き来する同僚たちは、両替せずに外貨を眠らせていることを知っていた。

 約2カ月間、羽田空港などに募金箱を置くと、硬貨だけで約27万円相当が集まった。「入社してからアイデアを出して、それを実現させるのは初めて。充実した日々だった」

 乗務に戻った今、広報で培った経験が生きているという手応えがある。機内で紙ストローを提供する際、JALの脱炭素の取り組みを乗客に伝えている。こうした姿勢が次の搭乗につながるかもしれないと考えるからだ。

新しい仕事はメタバース

 出向を機に別の道に進んだ人もいる。

 吉田満里菜さん(30)はい…

この記事は有料記事です。残り1126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。