マスク氏「ツイッターは日本中心」 米報道、従業員削減で3分の1に

有料記事マスク氏とツイッターの動向

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米ネットメディア「ザ・バージ」は21日、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が、米ツイッターの社内の会議で「ツイッターは日本が中心だ」と発言したと報じた。マスク氏はこれまでも、米国外で最大の利用者がいる日本のツイッターの普及度に注目して言及している。

 報道によると、マスク氏は21日の従業員との会合で、「ツイッターは米国中心に見えるかもしれないが、日本が中心だ」と指摘。「日本の人口は米国の3分の1にもかかわらず、日本の1日あたり利用者は米国とほぼ同じだ」として、すべての国でめざすべきだと話したという。

 独調査会社スタティスタによると、日本のツイッター利用者は約5900万人で、首位の米国(約7700万人)に次ぐ規模となっている。マスク氏は米国だけでなく、日本やインド、インドネシアブラジルなどにもエンジニアを配置して組織を分散させる提案もしたという。

 マスク氏は今月3日にも、「…

この記事は有料記事です。残り210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。