象の背中から見える絶景 SNSで人気に 「一度訪れてみたかった」

有料記事

溝脇正
[PR]

 象の背中のような灰色の巨岩の先に広がるパノラマの絶景――。三重県紀北町にある便石(びんし)山(標高599メートル)の山頂近くに「象の背」と呼ばれる人気フォトスポットがある。昨年4月、県観光連盟のHP「観光三重」のフォトコンテストのグランプリに「象の背」の写真が選ばれた。以降、「まるで空の上に立っているような不思議な写真が撮れる」とSNSで拡散され、人気に火がついた。登山者たちも「SNSで見て一度訪れてみたかった」と口をそろえる。「象の背」は、世界遺産に含まれる熊野古道伊勢路の馬越(まごせ)峠からも行くことができる。天気の良い日には、青い空とともに熊野灘尾鷲市街地などが一望できる。

 同観光連盟によると、これま…

この記事は有料記事です。残り498文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント