エルサレムのバス停で連続爆発、16歳の少年が死亡、多数けが

有料記事

エルサレム=高久潤
[PR]

 エルサレムで23日朝、2カ所のバス停で爆発があり、これまでに16歳の少年1人が死亡、少なくとも14人が負傷した。イスラエル当局は、「パレスチナ人武装勢力よる攻撃」とみて捜査を始めた。ロイター通信などが報じた。

 バス停など公共の場所を標的にした爆破事件が起きるのは近年では異例。

 事件が起きたのは、通勤や通学のためのラッシュがピークを迎える時間だった。

 イスラエルメディアや救急隊…

この記事は有料記事です。残り589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント